相続人が複数いる場合におけるそれぞれの熟慮期間の起算点

今回は、相続人が複数人いる場合の、各々の熟慮期間の進行について解説していきたいと思います。
以下の事例で考えてみましょう。
Xが亡くなり、その相続人がa、b、cの3名である場合、bとcはXが亡くなった直後に、自分のために相続が発生したことを知ったが、aはその事実を知ることができなかった。
このケースで、BとCは、aの熟慮期間内であれば、自分のために相続が発生したことを知った時から3ヶ月が経過している場合であっても、相続放棄することができるでしょうか?
結論から言いますと、bとcは、相続放棄をすることができません。
これは、法律が3ヶ月の熟慮期間を定めているのは、相続人に対して、相続財産を調査し、相続を承認するか放棄するか判断するための期間を確保させるであり、そうであれば、3ヶ月の熟慮期間は、各相続人ごとに進行すると考えるのが自然だからです。
上記の事例で言うと、bとcの熟慮期間は、自分のために相続が発生したことを知った時点から進行しますので、この時点から3ヶ月以内であれば、相続放棄をすることができます。

無料相談受付中

相続放棄受理率100%(2014年7月現在)

当サイトのサービスは完全成功報酬型&完全後払い制です。安心してご相談ください。

全国対応・3ヶ月後でも対応・丁寧なご説明・フルサポート・完全成功報酬型&完全後払い制・専門知識

03-5155-9195(お電話でのお問合わせ 平日9:00~20:00)

お問い合わせ 24時間受付

無料相談のご案内

まずは無料相談をご利用ください。

早めの対応が肝要ですので早めにご相談いただければ幸いです。

※事案によってはお受けできない場合がございます。予めご了承ください。

相談実績多数・業務実績多数

お電話でのご予約:03-5155-9195(受付時間平日9:00~20:00)

メールでのお申込みはこちら

全国対応
【事務所所在地】
東京都新宿区高田馬場2丁目14番27号
TEL:03-5155-9195