熟慮期間とは

相続を承認するか、または相続放棄するか決める為には、まず、亡くなった方の相続財産(プラスの財産およびマイナスの財産)の内容を把握しなければなりません。そこで、法律には、それを調査する為の期間が認められています。これを熟慮期間と呼びます。

熟慮期間は、「自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月」とされています。

これは、相続における法律関係を早期に確定させるとともに、一方、相続人に対しても、相続するか否かを判断するために必要な期間を与えるためです。

相続放棄の申述も、この熟慮期間内にしなければなりません。

ただし、この3ヶ月の熟慮期間は、利害関係人等の請求により、伸ばすこともできます。

 

熟慮期間の起算点

熟慮期間の「自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月」については、初日不算入で計算します。初日不算入とは、ある一定期間を計算するときに、いちばん最初の日(初日)を算入しないで計算するということです。

たとえば、被相続人が亡くなったことを知った日が、死亡日当日だった場合、熟慮期間を考慮する際には、死亡日の翌日を起算日として計算することになります。

 

 

無料相談受付中

相続放棄受理率100%(2014年7月現在)

当サイトのサービスは完全成功報酬型&完全後払い制です。安心してご相談ください。

全国対応・3ヶ月後でも対応・丁寧なご説明・フルサポート・完全成功報酬型&完全後払い制・専門知識

03-5155-9195(お電話でのお問合わせ 平日9:00~20:00)

お問い合わせ 24時間受付

無料相談のご案内

まずは無料相談をご利用ください。

早めの対応が肝要ですので早めにご相談いただければ幸いです。

※事案によってはお受けできない場合がございます。予めご了承ください。

相談実績多数・業務実績多数

お電話でのご予約:03-5155-9195(受付時間平日9:00~20:00)

メールでのお申込みはこちら

全国対応
【事務所所在地】
東京都新宿区高田馬場2丁目14番27号
TEL:03-5155-9195