相続放棄のメリットデメリットは何か?

自分の親などが亡くなった場合、遺された財産を相続する必要が出てきます。
お金や土地、建物や株といった財産になるものは相続すると全て自分の物になるわけですが、相続を行うとプラスの財産だけでなくマイナスの財産、いわゆる借金も一緒に相続をする必要が出てきます。
もし残された財産よりもマイナスの財産である借金のほうが多い場合、財産を相続することで多額の借金も引継ぎ返済をする義務が発生するのですが、それを回避できるのが相続放棄と呼ばれる財産を全て放棄する方法です。
相続放棄をしてしまえば、残された借金を引き継ぐ必要もなくなりますので、それが自分の親が残した借金であったとしても、財産を相続することを放棄した時点で借金にも関与する必要がなくなります。
この相続放棄には借金などを相続しなくて良いといったメリットのほかに、もし相続人が複数い場合に、相続人同士で財産の分配などでもめると言った衝突が起きた場合、それに関与しなくても良いと言うメリットも存在しています。
相続
放棄した時点で相続人としての権利が失われるわけですから、財産を巡るもめ事に巻き込まれることも無くなります。
もちろん財産放棄をすることにはメリット以外にもデメリットも存在します。
例えば、
残された財産よりも多い借金があるから財産放棄をした後に、借金をはるかに超えるプラスの財産が見つかった場合、財産放棄をしていた場合にはその見つかった財産を相続すると言うことは出来ません。
一度相続放棄を行っ
てしまった場合、後から撤回をすると言うことは一切できませんので相続放棄をした時点で跡から見つかった財産などにも関与できなくなってしまうわけです。
それと
借金などのマイナスの財産があるから相続放棄をした場合、もし兄弟などが居なくて相続人が自分だけだった場合、その相続権は他の身内に移ることになります。
しも自分に子供がいた場合には、相続権は子供に移ることになりますから、自分が相続放棄をして残された借金を回避したとしても、自分の子供に相続権が移ってしまうと全く意味が無いと言うことになってしまいます。
ですから誰が相続権があるのか、自分が相続放棄をした場合にはがマイナスの財産を引き継ぐことになるのかなどをしっかりと把握しておかないと、身内同士で険悪な関係になる可能性ありますから、簡単に相続放棄をすると言う行為は控えたほうが良いのではないでしょうか。
まずは財産をしっかりと調べ、相続人同士で話し合いを行うことが重要となります。

無料相談受付中

相続放棄受理率100%(2014年7月現在)

当サイトのサービスは完全成功報酬型&完全後払い制です。安心してご相談ください。

全国対応・3ヶ月後でも対応・丁寧なご説明・フルサポート・完全成功報酬型&完全後払い制・専門知識

03-5155-9195(お電話でのお問合わせ 平日9:00~20:00)

お問い合わせ 24時間受付

無料相談のご案内

まずは無料相談をご利用ください。

早めの対応が肝要ですので早めにご相談いただければ幸いです。

※事案によってはお受けできない場合がございます。予めご了承ください。

相談実績多数・業務実績多数

お電話でのご予約:03-5155-9195(受付時間平日9:00~20:00)

メールでのお申込みはこちら

全国対応
【事務所所在地】
東京都新宿区高田馬場2丁目14番27号
TEL:03-5155-9195