亡くなった親族の督促状が届いた

相談時の状況・問題点

疎遠だった叔父さんの相続放棄でご相談に来られました。

亡くなった叔父さんとは、十数年前に親族の集まりで会ったのを最後に、ほとんど交流がありませんでした。

ところが、ある日突然、役所から叔父さんが滞納していた税金の督促状が依頼者に届きました。

依頼者は、びっくりして、すぐに役所に電話して説明を受け、自分が亡くなった叔父さんの相続人であり、そのために、叔父さんの生前の債務を支払う義務があることを知りました。

しかし、ほとんど交流のなかった叔父さんの債務を、自分が支払わなければならないということに納得できず、ご自身で色々と調べ、相続放棄という制度があることを知りました

当事務所からのご提案・解決方法

依頼者と亡くなった叔父さんとは、親族とはいえ、ほとんど付き合いがなかったため、今回、債権者からの督促状により、依頼者は、はじめて叔父さんが亡くなった事実を知りました。

そのため、相続放棄の申述の際に、その事を家庭裁判所に上申したところ、無事に相続放棄は受理されました。

無料相談受付中

相続放棄受理率100%(2014年7月現在)

当サイトのサービスは完全成功報酬型&完全後払い制です。安心してご相談ください。

全国対応・3ヶ月後でも対応・丁寧なご説明・フルサポート・完全成功報酬型&完全後払い制・専門知識

03-5155-9195(お電話でのお問合わせ 平日9:00~20:00)

お問い合わせ 24時間受付

無料相談のご案内

まずは無料相談をご利用ください。

早めの対応が肝要ですので早めにご相談いただければ幸いです。

※事案によってはお受けできない場合がございます。予めご了承ください。

相談実績多数・業務実績多数

お電話でのご予約:03-5155-9195(受付時間平日9:00~20:00)

メールでのお申込みはこちら

全国対応
【事務所所在地】
東京都新宿区高田馬場2丁目14番27号
TEL:03-5155-9195