3ヶ月の期間を延ばすことはできますか?

相続放棄の申述(申請)は、原則として「相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内」にしなければなりませんが、この期限は、家庭裁判所に申立てることによって、伸長してもらうことができます。

相続人が、相続を承認するか放棄するかを判断するには、亡くなった方の遺産(プラスの財産・マイナスの財産)の内容を把握する必要があり、そのためには、これらを調査する必要があります。

そのための時間を確保する意味で、この3ヶ月の熟慮期間が認められています。

しかし、亡くなった方と疎遠であったり、財産の内容が複雑であったりすると、なかなかこの3ヶ月の期間内では、調査を完了させることが難しい場合もあります。

こういった場合に、期間伸長の申立てを家庭裁判所にすることによって、3ヶ月の熟慮期間を伸ばし、調査・判断をするための時間を、さらに確保することができるのです。

なお、この期間伸長の申立ては、「相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内」にする必要があります。

当事務所では、期間伸長の申立てについても積極的にサポートしております。

3ヶ月の熟慮期間だけでは判断できそうもない場合には、是非ご相談ください。

相続放棄についてのよくある質問一覧

無料相談受付中

相続放棄受理率100%(2014年7月現在)

当サイトのサービスは完全成功報酬型&完全後払い制です。安心してご相談ください。

全国対応・3ヶ月後でも対応・丁寧なご説明・フルサポート・完全成功報酬型&完全後払い制・専門知識

03-5155-9195(お電話でのお問合わせ 平日9:00~20:00)

お問い合わせ 24時間受付

無料相談のご案内

まずは無料相談をご利用ください。

早めの対応が肝要ですので早めにご相談いただければ幸いです。

※事案によってはお受けできない場合がございます。予めご了承ください。

相談実績多数・業務実績多数

お電話でのご予約:03-5155-9195(受付時間平日9:00~20:00)

メールでのお申込みはこちら

全国対応
【事務所所在地】
東京都新宿区高田馬場2丁目14番27号
TEL:03-5155-9195